2014年度事業報告

  

2014年度は、NPOの中間支援、住民互助型支援、生活困窮者支援の3つの事業を軸に事業を行った。中間支援組織としては2013年度に引き続き相談対応を中心に活動を行った。月1回の学習会も継続することにより相談対応ができる人材の増加など少しずつだが成果が生まれてきている。このまま、中間支援のためのチカラをつけながら事業を継続していく。

 

住民互助型支援として、「自分たちの住むまちを自分たちの手で住み続けられるようにしたい!」という住民の思いを形にした住民自身による地域活動の支援を実施。

代表の山本は「さわやか福祉財団」のインストラクターとして活動している。生活支援コーディネーターの勉強会や研修会を実施。地域の実情に応じてどのような支援体制やトータルネットワークが必要かを学びあうことができた。さらに、行政など諸機関にも積極的に働きかけていく活動を展開している。

 

今年度も引き続き、長崎市ひとり親家庭福祉会等と連携し、ひとり親家庭の支援を実施。今後はひとり親家庭も含めた生活困窮者への支援を行うため、調査及び分析を行った。(家計相談支援員養成や学習支援事業の事業計画を策定し実施のための準備を行った。)

 

■中間支援事業

市民活動に係るコーディネーション

相談課題に関しそのニーズを聞き取ったうえで、課題解決に必要な適切門性を持った市民活動団体をコーディネートしている。 

コーディネート件数:15

(事業支出:18千円 担当スタッフ:3名 地域:長崎県)

 

市民活動に係る相談・コンサルテーション

n  NPO・ボランティアに関わる相談(いずれも延べ数)

  直接相談:63件 電話:108件 メール:52件 合計 223

【相談対応結果】

助成金獲得

団体設立の補助

事業計画作成補助

次の活動へつながった

ボランティアの仲介・紹介

1

1

2団体

45

25

(事業支出:16千円 担当スタッフ:5名 地域:長崎県)

 

市民活動に係る人材育成

NPO・ボランティア学習会

会員及びNPO・ボランティアに関心がある方に月1回、NPO・ボランティアについて学習会を行った。会員それぞれが得意の分野で講師となり実施。経理・労務・法律関係については、税理士・弁護士など専門家を講師として実施した。 今年度はプロボノの学習会を行った。

【実績】年12回 参加者62名(延べ)

(事業支出:44千円 担当スタッフ:5名 地域:長崎県)

 

■住民互助型支援

生活支援コーディネーター

新しい地域支援事業研修会in長崎 の共催

平成27222日 JA西彼興善町ビル 参加者98名

(事業支出:0千円 担当スタッフ:2名 地域:長崎県)

 

■生活困窮者支援

ひとり親家庭への調査・分析

家計相談支援員養成や学習支援事業の事業計画及び準備

(事業支出:0千円 担当スタッフ:2名 地域:長崎市)

 

■各種研修会参加

ファンドレイジングについての勉強会 佐賀/福岡11回参加

代表山本が「准認定ファンドレイザー」資格取得 

gooddo代表との勉強会参加

(事業支出:0千円)

 

■その他

ノルディックウォーキング体験会の実施

長崎市ひとり親家庭福祉会の会員の方へノルディックウォーキング体験会を実施

長崎水辺の森公園  参加者22

(事業支出:0千円 担当スタッフ:2名 地域:長崎市)